日本初!アウトサイダーアート・Outsider art、アールブリュット・Art brut専門店。アーティスト・作品募集中です!

『日本初!アウトサイダーアート専門店!』

バリアート株式会社
10:00~19:00(月〜金)

exploringという展示に行ってきました

現代美術作家と、アウトサイダーアーティストがペアを組み、作品を展示しています。

6組12人の作品が見れます。10/20(日)まで開催

場所は大阪市西区の地下鉄阿波座駅に近い「enoco」、私が初めてアウトサイダーアートの展示会を見、バリアートを初めるきっかけの場所です。

家からも自転車で気軽に行ける距離で、ありがたい。

今回、現代美術として展示されいたものは、絵画、鉄骨、廃材、写真といろんなものがありました。(写真なくてすいません…)

相互の関わりが、作品の展示に出ていて、アウトサイダーアートも見れるし、現代美術も見れるので、私としてはお得な感じです。

企画として、成功しているように感じました。

私が気に入ったアウトサイダーアート

①平野智之さん

パンフプロフィールより

コマ割りや効果音にこだわりがあってカッコいいです。迫力がある。セリフが謎ながらも、雰囲気がある。

なんか、マンガを書くのが大好き!ってのがほとばしっていて、見ていて嬉しくなります。

背表紙にはJC(ジャンプコミックス)のロゴ、マンガの単行本をイメージされているのでしょう

②藤岡祐機さん

1つが名刺くらいの紙です。チラシとかを素材にしているそう。

それにクレヨンで彩色してから切っています。

塗られた面と裏面の色の違いが、細かい切りこみ部分に、洒落た効果を出してます。

もう、えげつない細さで、均等で、長さも揃っている。切り損じも見当たらない。超絶技巧でギョエ〜って感じでした。はしっこの方の大きめの三角切りも、こだわりのようです。

私がアウトサイダーアートに惹かれるのって、面白い、おかしい、楽しい、不思議、変態的、てらいがないってとこに思うのですが、今回の展示、楽しかった〜!